青汁は汁に拘ることがないといえるでしょう

私は色々と青汁を飲むことに工夫をしています。そもそも青汁といっているわけですが、実は粉末が多いです。それを水などで溶かすわけです。それはやや薄めにすることもできますし、思いっきり濃くも出来るのです。私は日々の野菜不足を実感していますから、それなりに濃くしています。パックに個別包装しているのもよいのですが、私はそんな風になっていない自分で好きな量を計量スプーンで取れるタイプにしています。これでその時々に応じて濃淡をつけることができるようになります。

さて、青汁ですが汁に拘ることもないでしょう。最近では錠剤タイプも沢山あります。つまりは、薬、サプリメントのように飲むことができるわけです。これはとても大きなメリットであるといえるでしょう。何故かといいますと苦味があまり感じないからです。ちょっと舌に触れた時に感じることはあります。試した見たがあるのですが、まったく苦味がないとは言い難いです。それに私の場合、液状のほうがなんとなく吸収効率がよさそう、ということがあります。はっきりいってまずい飲み物ではあるのですがそれでもそのほうが効きそうな気があるのです。より体に良い感じがするのでそちらを選択していますが、個人的なことです。錠剤も素晴らしいです。

 

ふるさと青汁は買ってはいけない?